3年前の水着を着てみた

毎年いろいろな店で水着が売り出される。見ているのは楽しいけれど、私は自分で水着を毎年買うタイプの人間ではない。試着してサイズが小さかったらそれだけでへこむし、自意識過剰ぎみだからプールでそわそわするし。三年前海に行ったときも泳ぐつもりはなかったので、水着は持っていかなかった。海はまだ肌寒かったけれど、近くの施設には温水プールがついていて、一緒に行った人がなんだか入りたそうなことを言っている。しかたないかぁと思って、プールの売店で水着を買った。三年前はジャストサイズだったのだが、今も着れるかなぁと思って、閉め切った部屋で試しに着てみた。着れるには着れる。サイズ的には問題がない。でもなんだがしっくりこない。水着はタンキニタイプ、短パンの丈が短くて、裾がすこしフリルみたいに波打っている。その可愛らしさが、年齢にあまり合わないかもしれない。というか似合う人には似合うけど、太ももに肉がついて、ウエストのくびれもなくなったので、水着のかわいらしさが映えないというべきかなぁ。三年前はプールでぴちゃぴちゃ遊んでいたけれど、今年はカロリー消費とメンタル維持のためにプールでガンガン泳がねば。しばらく買っていなかったけど、今年はシンプルな泳ぎやすい水着を買おうとおもった。水着着ながらマリンビーンズで攻められると興奮するだろうな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です